出会い系で知り合ったロリ顔JDに制服プレイを強要してみた結果w

投稿日:

出会い系で知り合ったロリ顔JDに制服プレイを強要してみた結果w

今何かと話題の出会い系サイトですが、ぶっちゃけマジで出会えるのか、ヤレるのか、皆さんに少し前の話になりますが、体験談をありのままご報告致します。

比較サイトを調べると、いろいろな出会い系サイトが紹介されていますが、今回はワクワクメールを利用してみました。

何といってもプロフやメールの閲覧が無料(ただし、画像や動画など一部サービスは有料)なのと、完全前金制で、使いすぎる心配が少ないことを考え、利用してみました。

>>ワクワクメールの公式サイトはコチラ

まずはワクワクメールに登録

  • ワクワクメール公式ページを開くと、画面右側に「無料会員登録」のボタンが現れるのでクリック
  • 「男性登録」とクリック
  • 簡単なプロフィールを入力する画面が現れるので入力する。
  • 携帯電話と暗証番号の入力が求められます。固定電話ではなく、携帯電話での入力が必要です。二重登録防止のため必要です。
  • 確認画面が出るので、間違いがなければ「進む」をクリックする。
  • 電話番号の確認が行われますので、指定された連絡先に電話を掛けます。
  • 音声で「認証が出来ました」と流れたら、登録は終わりです。
  • 携帯またはスマホにメアド登録のためのメールが届くので、ログインして必要事項を入力して「登録ボタン」を押すとサービスポイントがもらえます。

18才以下の方の利用を防ぐため、年齢認証の手続きをしなければなりません。

ただし、例えば運転免許証を使用する場合でも、必要部分以外は隠してOKです。

面倒くさい面もありますが、法律上必要な手続きでもあるのです。

さっそく使ってみた

ピュア掲示板とアダルト掲示板とがありますが、ここではピュア掲示板を使用しました。

急いては事を仕損じるではないですが、よりピュアな出会いを求めたい私であります。

さらに狙い目は「デビュー速報」で、始めたばかりの女性の情報がありますのでこれも使えそうです。

そんな中、メールのやり取りを何回かして、出会うことになったJDとの体験談をご紹介します。

初めての出会い

もう数年前のことになりますが、彼女(A子と呼ぼう)のプロフには女子大生つまりJDとありました。

さっそくメールを送付してみましたが一週間ほど全く連絡がなく、仕方ないのでいくつか返信があった中から他の子を当たってみるかと思っていると、待ち望んでいたA子から連絡が入りました。

それによると、A子は島根県出身、現在某大学の三年生で一人暮らしであること、つい最近まで彼氏がいたが最近別れたこと、寂しさを紛らすため出会い系を初めて利用してみたことなどが綴られていました。

私もプロフには細かく書いていないことや、近況などをありのまま返信しました。

もちろんカッコつけて最大限膨らませたメールを送ることも可能ではありましたが、A子のメールからにじみ出る雰囲気はとても純粋で、逆にそうさせない、そうできない雰囲気がありました。

何回かそういったやり取りがあった後、心を開いてくれたのか、お互いのLINEを交換することになりました。

たまたま暮らしていた場所がともに中央線沿線でさほど遠くなかったこともあり、思い切って食事に誘ってみたところ、難なくOK。

少し地味ではありますが、高円寺で待ち合わせをすることに。

初めて出会うお互いが分かるように、当日の服装などを示し合わせて日時の約束もして、後は当日を待つだけとなりました。

約束の日にちまでたった数日のことなのに、やけに長いものに感じたことを今でも覚えています。

「この胸の高鳴りは、何年振りのことだろう。」

「すっぽかされたらどうしよう。」

「騙されてはいないか。」

など期待と不安が、寄せては返す波のように繰り返し訪れ、あまり眠れない日々が続きました。

出会い

蒸し暑い時期だったこともあり、A子はワンピースで来ることになっていました。

一年の中で最も陽の長い時期だったためか、夕方6時頃になってもまだ明るい、だれかの歌ではないが、「暮れなずむ」とはこういうことを言うのかなどと他愛もないことを考えながらA子を待っていました。

約束の時間になったのにA子はまだ来ない。

こういうときの一分は長い。

5分過ぎて、6分になろうとするときに女性から声をかけてきました。

「〇〇さんですか?お待たせしました。A子です。」

そこに現れた髪の毛をポニーテールにした小柄なA子は、女子高生でも通りそうなほど丸顔童顔で化粧も薄く、逆光に照らされる薄手のワンピースには、体のラインをあらわにしてシルエットがくっきり浮かび上がり、お尻から太ももあたりの肉付きの良さを伝えてくれる。

これほど「暮れなずむ」太陽に感謝したことはない。

「これ。当たりかな。」

などと思いながらも、平気な顔をして、以前一度だけ利用したことのある小さな居酒屋さんに入りました。

居酒屋にて

その日居酒屋は混んでいて、カウンター席に隣同士に座ることになりました。

「とりあえず瓶ビール1本!」

生ビールでもよかったが、私はA子に注いでほしかった。

私は平気な顔をしながら、お互いに他愛ない話を延々としていながらも、A子の甘い体臭、意外に細い指先、柔らかそうな二の腕、豊かな胸の膨らみをチラ見していました。

蒸し暑さのせいか、ビールの苦みと冷たさが心地良く喉を潤し、空きっ腹だったことや、ここ数日の寝不足もあり、爽快感はすぐに顔のほてりへと変わりました。

島根県出身のA子は、故郷の人口が日本で1・2位に入るほど少ないことや、自虐ネタが本になっていること、出雲大社のことなどを話し、私は数少ない島根県の知識である一畑電車がモデルとなった「railways」の映画の話などで返して盛り上がっていきました。

酒が進むにつれて、A子はいくぶん酔ってきたのか、喜怒哀楽を強く表現するようになり、私の肩や腕にタッチするようになってきました。

ここで彼女の真意を確かめようと、意を決してカウンターの下に置かれているA子の右手をそっと握ってみました。

振り払われるかもしれないと思っていたA子は、嫌がる素振りを見せず、優しく握り返してきました。

その手は小さく柔らかく、弾力のある太ももの感触はA子の手のひらを通してでも十分に伝わってきました。

2時間ほど経ち、店を出ることに。

「もう少し話していたい。公園にでも行かないか。」

二人はもう手を繋いだままでした。

こっくりとA子は頷き、通りの自動販売機で冷たい飲み物を買ってベンチに二人腰を下ろしました。

すっかり暗くなった閑静な住宅街の公園にあるベンチにいる二人は、間もなくキスを交わしました。

すると突然「ポツポツ」と雨が降り出してきました。

「雨宿りしなくちゃね。」

いよいよホテルへ

二人は手を繋いで走りました。そして勢いでホテルへと入りました。

ホテル備え付けのバスタオルで濡れた髪の毛や服の水気を取り、服をハンガーにかけて二人はバスローブに着替えました。

「風邪ひくから風呂入ったら?」

A子が体にお湯をかけている音がしなくなり、浸かっている頃を見計らって私もお風呂に入りました。

特に拒むでもなく、自然に受け入れてくれました。

「水も滴るいい男」という言葉は聞いたことがありますが、A子の若々しい肌は水をもはじいてしまうほどでした。

浴槽の中で、二人はまたキスを交わしました。

浴槽の中で密着したまま、豊満な乳房に手を伸ばし、その感触を味わい始めました。柔らかくもハリのあるA子の乳房から乳頭に指を伸ばすと、少し腰が揺れる感じの反応を見せるようになりました。

乳頭を口に含むと、その揺れはさらに激しさを増していきます。

乳房の感触を味わっていた私の右手がだんだんと下がり、A子の脇腹あたりへと到達すると「くすぐったい。」と言って、体をよじって避けようとしますが、本当に嫌がっている感じではありません。

私は、A子の手を取って、自分のそそり立っているものに導きました。

最初は戸惑っているようでしたが、やがて優しく触ってきました。

しかし、ただ握りしめているだけで何もしないので、自分を握っているA子の手の上に私の手をあてがい、上下するように促しました。

一方私の手は、自分を握りしめているA子の左腕にクロスするように下り、A子の花びらへ到達しました。

浴槽のお湯ではない湿り気を充分に帯びた花びらを探りながら、人差し指をそっとその花びらに挿入しました。

私を握りしめて上下する動きがしばしば滞り、甘い吐息とともに少しのけぞるようなしぐさを見せはじめました。

「背中、流してあげるよ。」

二人は浴槽から出て、私はボディシャンプーを手に取りA子を、椅子に座らせて彼女の背中をさすり始めました。

匂いたつような彼女の背中にキスしたい欲求を我慢して、やがて私の手は脇の下へ向かいました。

きれいに処理されている脇の下はとてもすべすべで、わたしの両腕はその脇の下を通り抜けて、乳房へと向かいました。

ボディソープでヌルヌルになっている手のひらで、今度は少し強く乳房を味わいました。

腰やお腹を味わいながら、いわゆる「スケベ椅子」の持っている能力である、椅子に座ったまま、彼女の花びらに手を伸ばしました。

すでに充分に潤っているA子の花びらを味わい、さらにその少し上にあるクリトリスを愛撫すると、甘い吐息がさらに大きくなってきました。

いたずら心が出てしまい、今度は花びらの後方にあるアナルに指を伸ばしたところ、「小さい声で「イヤ」と言われてしまいました。

「僕も洗って。」

A子に背中を向けると、A子は私がしたことと全く同じ手順で私の体を洗い始めました。

A子の柔らかい手のひらが、背中から始まり、胸、お腹、そして私の下腹部へとうごめいていきました。

下腹部までは距離があるので、腕を伸ばすA子の胸がやんわりと背中に当たり、包まれている充足感を感じていると、すでにそそり立っている私の鬼頭を優しく愛撫しながら、もう一方の手が後方からスケベ椅子の隙間を伝って、やさしく玉を撫で始めました。

体の中心に熱いものがこみ上げてきましたが、ここでは我慢しなければと思い、再び湯船につかり、軽くキスを交わして浴室から上がりました。

制服プレイ

ホテルに備え付けてあるいくつかの制服の中からチョイスした、セーラー服を着てほしいと頼み込んだところ、最初は嫌がっていましたが、無理やり着させてみるとまんざらでもない様子。

私が驚いたのは、薄目なメークを落としてセーラー服を着たその姿はまるで本物の女子高生のよう。

「大学生には見えないね。」

すでに我慢の限界に達していた私は、あまりにも幼く見えるA子を思わず抱きしめて、深いキスを交わしました。

舌と舌が溶け合って渾然一体となっていく喜びをかみしめながら、制服の中に手を突っ込み、背中からブラのホックを外すと、再びセーラー服の前から手を入れて、A子の乳房を揉みはじめました。

A子も興奮してきたのか、かなり悩ましい大きな喘ぎ声を発していました。

「口でしてくれる?」

A子は私を口に含みました。

舌が固くなった私に絡みつき、私のすべてを味わいつくすかのような濃厚なフェラチオに、我慢の限界を感じ始めていました。

ちょうどシックスナインのような体制になり、スカートがはだけて眼前にあるA子の柔らかいお腹とパンティのゴムの間から指を入れ、花びらに到達するとすでにかなり潤っていました。

パンティを脱がせ花びらを口で愛撫すると、お腹が波打ち、腰がヒクヒクと揺れ、潤いはすでに頂点に達したのか、掬い取ったはちみつがスプーンから滴り落ちるかのような状態でした。

彼女の私への愛撫は途切れ途切れになり、甘い吐息はやがて激しい悶え声へと変わっていきました。

私はその蜜壺に挿入しました。

すでに我慢の限界に達していた私は、A子のお腹の上で果てました。

くしゃくしゃになってせり上がったセーラー服を少し汚してしまうほどでした。

A子も体が小刻みに痙攣しているのが分かりました。

その後A子は私の腕まくらに頭を預けて、二人ともしばらくその余韻に浸っていました。

「まだ半乾きだね。」

お互いに笑いながら服を着てホテルを出る頃には、すっかり雨は上がっていました。

その後も時々会っては楽しいひとときを過ごしていましたが、A子が就活に忙しくなって、だんだん疎遠になり、風の噂によれば今は地元の役所に就職したようで、夢のような関係も終わったんだなと実感することになりました。

おまけ

お互いに中央線沿線に住んでいたので、何度かA子の自宅を訪れたことがありました。

何かの用事で近くを通ることがあり、一年振りにA子の暮らしていたマンションを訪ねてみると、メールボックスにはA子ではない別の名前がありました。

まとめ

嘘のような本当の話があるものだと思い知らされました。

全てがうまくいくとは限りませんが、ワクワクメールは女の子と出会うツールのひとつとしてぜひ押したいサイトです。

皆さんぜひ利用してみてください。

ロリ顔の女子大生が多いのはココ!

公式ワクワクメールで無料登録してみる

-ワクワクメール体験談

Copyright© であから , 2017 AllRights Reserved.